全日本漬物協同組合連合会で、作成した広告です

漬物の日広告


21日はつけものの日

21日はつけものの日----。名古屋市郊外に漬物祖神として有名な
萱津(かやつ)神社があり、この神社につけものについての云い伝え
があります。

その昔、里人が土地からとれる野の初物、海辺からとれる藻塩(もしお)
を初穂として、お供えしていました。しかし、せっかくの供物が腐って
しまうのを嘆いた人が、カメを供え、このなかに供物を入れてお供えした
ところ、ほどよい塩漬となりました。
人々は時が経っても変わらない不思議な味を、神からの賜物として尊び、
諸病免除、万病快癒の護符として、また保存食品として備蓄した、と
あります。いつの頃からか、これを「香の物」と書くようになりました。

萱津神社では、この故事に従い、毎年8月21日を「香の物祭」として
祝っています。漬物業界では、21日を「つけものの日」と定め、
つけものの普及につとめています。
全日本漬物共同組合連合会